モネ・ゴッホ・マティスからピカソまで。浮世絵で始まる西洋美術

京都大学時計台記念館 - モネ・ゴッホ・マティスからピカソまで。浮世絵で始まる西洋美術

京都大学時計台記念館
日曜日 15.7.2018
から 14:00 へ 16:00
京都大学時計台記念館
Japan
1 客室乗務員
京都大学時計台 公開講座
「モネ・ゴッホ・マティスからピカソまで。浮世絵で始まる西洋美術」
7月15日㈰午後2時から、京都大学のシンボルである時計台記念館ホールにて、美術評論家の岩佐倫太郎先生、ベルギー王立美術館公認解説者の森耕治による、公開講演会を開催します。
講演後は、午後5時から、同じ時計台内のフレンチ・レストラン「ラ・トゥール」にて懇親会があります。講演会の定員は100名、懇親会は60人のみです。
-------------------------------------
印象派のモネからピカソまでの仏美術が、いかに革命的な変遷を遂げたか、その技術的、思想的、社会的背景から解説すると同時に、半世紀にわたる浮世絵の影響についても分析します。

日時 7月15日㈰午後1時半開場 2時開演 
場所 京都大学時計台記念館 
   京都市左京区吉田本町 京都大学時計台
参加費 講演会 4000円 フレンチ懇親会 6000円
    両方参加の場合は10000円 
申し込み 必ずメールで 
monogatariinc@gmail.com
Pop Title
Pop TextPop Button1Pop Button2